☆送料無料☆MKふっくらパン屋さんHB-100【快適生活】☆送料無料☆MKふっくらパン屋さんHB-...
12,600円
毎朝の食卓の風景が変わります!

Ads by 電脳卸

窯焼きパン工房【バリュー通販】窯焼きパン工房
6,800円
窯焼きパン工房

Ads by 電脳卸

メロン パン 作り方

パンの作り方でも人気ベスト5に入るのがメロン パン 作り方なんですね。
メロンパンがなぜこれほど家庭で人気があるかというと、先ずはイメージです。

メロンパンと聞いてどんなイメージを持ちますか?
今にもメロンの香りが漂ってきそうな気がしませんか?ファーとメロンの香りが。

メロン パン 作り方行ってみましょう。我が家の作り方ですので、材料の
量は家族の人数によって調整してくださいね。因みに我が家は3人でーす。

はーい、メロン パン 作り方でーす。

  ※ 材料

  牛乳・・・170CC  バター・・・小さじ4.5  ドライイースト・・・小さじ2.5

  砂糖・・・大さじ2.5  塩・・・小さじ3/5  強力粉・・・230g  卵・・・1個

先ず、牛乳とバターを耐熱容器に入れて、レンジ強で30秒から40秒加熱します。
そして溶いた卵を入れ、よくかき混ぜます。

次にドライイーストを入れて、これまたよく混ぜます。この混ぜ方がポイントです。
混ぜ方が雑だと出来あがりがよくありません。そして塩を入れます。

これに砂糖と強力粉を半分入れて混ぜます。時間的に1分15秒位でしょうか。

メロン パン 作り方 仕上げですよ。

作ったメロンパン生地を一次発酵しまーす。

メロンパン生地にオーブン用シートをかぶせ、レンジ弱で40秒位加熱します。
取り出したらメロンパン生地、まな板、包丁に打ち粉をして適当な大きさに切ります。

水で濡らし、固く絞ったキッチンペーパーを切り分けたメロンパン生地の上に
乗せて、12〜3分置きましょう。いわゆるベンチタイムですね。

メロン パン 作り方 最終コーナーでーす。

二次発酵ですね。

打ち粉をしたまな板の上でメロンパン生地を適当な力で押さえつけガスを抜きます。
好きな形にしていきましょう。

耐熱皿の上にオーブンシートを敷き、切り分けたメロンパン生地を隙間を空けて並べます。
レンジ弱で約40秒加熱します。一次発酵と同じ要領です。

12〜3分のベンチタイムも置きましょうね。

最後です。メロンパン生地を230度位に温めたオーブンで12〜3分焼きます。

我が家ではメロンの香りがするようにパン生地の上に振り掛けるメロン粉を
本物のメロンを乾燥させ粉にしておきます。もちろん年中保存しておくんですよ。

他とは違ったメロンパンが出来上がりまーす。

色々工夫したメロンパンにしましょうね。




蒸しパンの作り方

パンにも色々種類がありましたね。
家庭で作りやすいパン、パン屋さんでないとちょっと作りづらいパン、などなど。

パン 作り方に家庭でも挑戦したいですね。
ちょっとしたおやつに簡単に家庭で出来る、パン 作り方 レシピを紹介しましょう。

蒸しパンの作り方ですね。
蒸しパンは子供たちにも人気があります。作り方も簡単です。早速作ってみましょう。

蒸しパン 作り方

2〜3人分・・・蒸しパン 材料行きますね。

  ※ 小麦粉150グラム、砂糖40グラム、塩少々、好みで卵1個

    ベーキングパウダー大さじ1杯、スキムミルク大さじ3杯、
    ラード10グラム、水大さじ4杯

    大体、我が家ではこの位を蒸しパンの材料として用意します。
    なにせ、子供たちががっつくものですから、早く作らなくては
    なりません。

  ※ 蒸しパン 作り方行きますね。

        大きなボールに小麦粉、ベーキングパウダー、砂糖、スキム
    ミルク、塩、ラードを入れ、水を加えて、よく混ぜます。こね具合
    で出来が全然違うので、念入りのこね回します。

    蒸しパンの好きな子供たちは味にうるさいので(^^;)

    さて、たたき上げたパン生地を薄くのばして、マーガリンを
    塗ります。で、巻き上げて、適当な長さに切ります。

    切り口に黒ゴマやガーリックをふりかけ、しっとりと落ちないように
    します。

    切ったパン生地をオーブンで12,3分蒸します。強火がいいです。

出来上がった蒸しパンは我が家の独特の手作りです。
ガーリック入りの蒸しパン、案外と評判がよかったですよ。

パン 作り方といっても、要するにおいしければいいんですよね。
ですから、色々試してみるのがいいと思います。

新しいパン 作り方の発見になるかも。




 

 

パンを上手に作るコツ

パンの作り方でもっとも決定的要因はイースト菌の使い方です。
 
パンを作る際、イースト菌を上手に発行させ、適度な温度にしないと、イースト菌は活動しません。
ですから、おいしいパンを焼く秘訣は、いかに丁寧にこねるか、またひっぱたくかです。
 
ひっぱたくというと穏やかではありませんが、うまいパン 作り方の基本です。
こねて、こねてこね回して、ひっぱたいたパン生地ほど、おいしいパンに焼き上がります。
 
パン 作りに欠かせないイースト菌が一番活動しやすい温度は人間の体温に近い35度前後と
いわれています。
 
私はパン作りのイースト菌は普通ドライイーストを使いますが、
よく発行させるために、砂糖をまぜたお湯でイースト菌を溶かします。
 
作るパンの種類で違いますが、私の場合、どのパン作りでも、卵とバターは基本的に使います。
もちろん、若干の塩も必要になりますが。
 
そして、パン生地を混ぜ合わせたら、とにかく念入りにこね回します。
これがおいしいパンを作る最大の秘訣と思っています。
 
こね上げが済んだら、パン生地をたたきます。
たたくといっても愛情を込めてたたきます(^^;)
 
おいしいパン 作りの秘訣2番目は一次発酵と二次発酵をいかに手際よくさせるかということです。
 
パン作り方において、一次発酵、二次発酵の段階まで来ると、パン生地の表面が
乾燥する場合があります。乾燥させないよう注意が必要です。
 
私はパンを作るときはまるで子供をあやすようにおいしいパンにしてあげるからねと
声をかけながら、練り回し、愛情を込めて焼き上げるようにしています。
 
これまで、おいしいパンの作り方、おいしいパンの作り方 レシピを色々研究してきましたが、
パン 作り方ほど楽しいものはないと思っています。
 
さあ、いろいろなパンの作り方に挑戦しましょう。
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。