☆送料無料☆MKふっくらパン屋さんHB-100【快適生活】☆送料無料☆MKふっくらパン屋さんHB-...
12,600円
毎朝の食卓の風景が変わります!

Ads by 電脳卸

窯焼きパン工房【バリュー通販】窯焼きパン工房
6,800円
窯焼きパン工房

Ads by 電脳卸

パンを上手に作るコツ

パンの作り方でもっとも決定的要因はイースト菌の使い方です。
 
パンを作る際、イースト菌を上手に発行させ、適度な温度にしないと、イースト菌は活動しません。
ですから、おいしいパンを焼く秘訣は、いかに丁寧にこねるか、またひっぱたくかです。
 
ひっぱたくというと穏やかではありませんが、うまいパン 作り方の基本です。
こねて、こねてこね回して、ひっぱたいたパン生地ほど、おいしいパンに焼き上がります。
 
パン 作りに欠かせないイースト菌が一番活動しやすい温度は人間の体温に近い35度前後と
いわれています。
 
私はパン作りのイースト菌は普通ドライイーストを使いますが、
よく発行させるために、砂糖をまぜたお湯でイースト菌を溶かします。
 
作るパンの種類で違いますが、私の場合、どのパン作りでも、卵とバターは基本的に使います。
もちろん、若干の塩も必要になりますが。
 
そして、パン生地を混ぜ合わせたら、とにかく念入りにこね回します。
これがおいしいパンを作る最大の秘訣と思っています。
 
こね上げが済んだら、パン生地をたたきます。
たたくといっても愛情を込めてたたきます(^^;)
 
おいしいパン 作りの秘訣2番目は一次発酵と二次発酵をいかに手際よくさせるかということです。
 
パン作り方において、一次発酵、二次発酵の段階まで来ると、パン生地の表面が
乾燥する場合があります。乾燥させないよう注意が必要です。
 
私はパンを作るときはまるで子供をあやすようにおいしいパンにしてあげるからねと
声をかけながら、練り回し、愛情を込めて焼き上げるようにしています。
 
これまで、おいしいパンの作り方、おいしいパンの作り方 レシピを色々研究してきましたが、
パン 作り方ほど楽しいものはないと思っています。
 
さあ、いろいろなパンの作り方に挑戦しましょう。
 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。